これぞ力の証明書!?

hyousyou

photo by icecairo

「論より証拠」とはよく言ったもの。

ビジネスでも何でも口でいくら説明するより資格等何か証明するものがあったら強い。

自分のトレーニングの成果だったり力を証明してくれるものがあったらトレーニングにもハリが出てきそう。

ありました。

自分の握力を証明してくれて証明書まで発行してくれる。

それが、アメリカ発究極のハンドグリッパー「キャプテンオブクラッシュ」。

強度は、2014年現在で、11段階。

最初はガイド(60 lb.、約27kg)からスタート。

スポーツ(80 lb.、約36kg)、トレーナー(100 lb.、約45kg)、ポイントファイブ(No. 0.5)(120 lb.、約54kg)と進み、

あとはNo. 1から0.5刻みでNo.4まで記録に挑戦!

No. 1を閉じるのですら既に140 lb.(約63kg)で相当なもの。
(ちなみに、日本人男性35歳~39歳の平均握力が48.2kg(文部科学省「平成20年度体力・運動能力調査」より))

それだけでも並みの男よりは十分力が強いと言えるけれど、男性の場合No. 3以降からいよいよ認定書がもらえるんです!

英検なんかで5級から始まり段々と1級まで階段を上るようにステップアップしてその度に合格証明書をもらえるのと似てますね。

No. 3以上を閉じた動画をアイアンマインド社へ送れば、認定書をもらえて、かつアイアンマインド社のホームページに名前まで掲載される!

キャプテンオブクラッシュNo. 3を閉じた世界の猛者達のリスト

日本人の名前もちらほらありますね~

あの握力王子新沼大樹(にいぬまひろき)さん(2003年達成)や「握力で飯を食う男」で有名な諸富太地(もろどみたいち)さん(2009年達成)も入っていらっしゃいます。

キャプテンオブクラッシュNo. 3達成者は格闘家やアスリートばかりなのかと思いきや職業も経歴も様々です。

No. 3を閉じるには何と280 lb.127kgもの握力が必要!

No. 4ともなれば365 lb.165kg!!

今のところ世界でたったの5人しかいません。

丸太の様な太い腕と、他にマネのできないオンリーワンな勲章・称号まで得られる一石二鳥な握力の世界に足を踏み入れてみては?

究極のハンドグリッパー!「キャプテンオブクラッシュ」(サイズより各レベルが選べます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です