はに丸くん懐かしい~

landing

photo by Don McCullough

アラフォー世代ならきっと知ってるNHK教育テレビの人気子供番組

「おーい!はに丸」が「はに丸ジャーナル」として25年ぶりに復活!

しかも2015年5月6日放送のテーマが「シックスパック」だって?

特に男はなぜ「シックスパック」を目指すのかという当ブログで最も重要視している「モチベーション」についてあのはに丸くんが深く掘り下げてくれるとあって、もうこれは見るしかないってことで見てみた。

番組を見ると、CMでも話題のあのジムに通っている経営者の方にインタビューしたり、スタジオでも議論が交わされていたんだけど、思ったのは

筋トレのモチベーションや着地点って突っ込まれると結構曖昧なのね~

って事。

特に、あの経営者の方は特に決して安くないお金をジムに払って日頃の生活まで禁欲してまでどうして頑張れるのか身を乗り出して見ていたんだけど、意外にもスッと出てこなかったのが印象的で、全くもって余計なお世話で恐縮ながらいろいろ考えた。

時代の風潮とか世の見えない圧力だったり、人の上に立つ者として自己管理位できないと的なビジネス論に無意識にでも突き動かされているのか。

私的にはダイエットや筋トレをビジネスに結びつける考えは正直好きじゃないし、そもそも健康維持や自己管理の為の運動と「シックスパック」等鍛えられたカラダを目指すのはまた次元の違う話のような気がするし、とか考えてしまうタチなので、あくまで自分にとってはだけどそれだけじゃ不十分で、それで続けられるのは純粋に凄いなぁと思う。

コーナーの最後にはに丸くんの「本当の幸せは何なのか?痩せていれば幸せなのか?」という迷宮入りしそうな問いに対して、南キャンの山ちゃんが「幸せを求めて行けば他にあるんじゃないか?それを探していきたいという事かな?」と見事にまとめてサスガだなーと感心。

筋トレするとどう幸せなのかどう楽しいのか。

例えば私なら「筋トレをして基礎をつけてスポーツを始めて職場以外の仲間と楽しく汗を流したい」とか「ギリギリまで若々しくありたい、年齢で色んな事を諦めたくないから(ちなみに今の私は実年齢より上に見られる事が多いです(汗))」とか誰にも言わなくていいから

着地点を可能な限り明確に描く
(なるべく外野がどうのではなく心の内側から気持ちが湧き立つようなものがいい)

事がモチベーションの鍵なんじゃないかなと思う。

「はに丸くん懐かしい~」への2件のフィードバック

  1. ダイエット=自己管理って耳が痛い(泣)

    私も今年の夏こそは、ツマランことでウダウダ言わせないように頑張る!

    1. はじめまして。

      お気持ちよ~くわかります。

      掲示板にも書き込み頂いてありがとうございます。

      私的にはこのサイトでは「頑張る」とか意識して使わないよう心掛けています。

      皆さん社会人として十分頑張っていますから。

      takashikinさんも掲示板でおっしゃっていましたように、お互い気長にぼちぼちやっていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です