RIZAP完全監修低糖質専門カフェ「LOCABO CAFE」に行ってみた。

locabocafe
今回は、あのライザップが監修する本当に美味しくて、しかも糖質を大幅にカットし糖質の高い代表格「パスタ等の麺類」「パン」「ピザ」さえもダイエットを気にせずしっかり食べられる低糖質専門カフェ「LOCABO CAFE」体験記です。
かくいう私もパスタ・ラーメン等麺類大好き、ピザ等こってりした洋食も大好きで悩ましい日々を送っていたので、もしこんな大好物が後ろめたい思いをせず思い切り食べられるならこんなオイシイ話はない!ってことで、今回は友人と2人でランチメニュー(11:30~14:00)から2品をいただきました。

1品目:チーズたっぷり濃厚カルボナーラ(ミニサラダ・スープ付) ¥1,080

rizapcarbonara
カロリー=688Kcal 糖質=32.6g タンパク質=26.6g 脂質=41.7g
「LOCABO CAFE」のパスタに使われている麺の量は120g。
ちなみに、※日本食品標準成分表2010によるとマカロニ・スパゲッティ/乾麺120gの炭水化物量(糖質)が86.6gであり、通常は麺だけでもこれだけの糖質があるのに、卵・生クリーム・チーズやその他の具材も含めて32.6gとは驚異的。

「LOCABO CAFE」の麺が低糖質なのは小麦粉の代わりに食物繊維をたっぷり練りこんでいるためとのこと。そのためとっても弾力があってモチモチしてて美味しい。
そんな「LOCABO CAFE」独自で開発した冷凍パスタ麺は店頭でもネットでも購入可能。
卵やクリームの味もしっかりとしていて濃厚。

2品目:RIZAP パワープレート スープ付き ¥1,280

rizappowerplate
カロリー=584Kcal 糖質=7.1g タンパク質=55.4g 脂質=33.3g
分厚くふっくらしていて柔らかい鶏肉がどーんと200g!
生姜とハーブ等でしっかりと味付けされていてこれまた本当に美味しい。
ちゃんと肉を食べている満足感が得られて、この低糖質・高タンパクは素晴らしい。

飲み物も甘いドリンクだって総じて低糖質。
お酒も糖質ゼロビールがあって、糖尿病の方も安心してビールが飲めるという徹底ぶり。

今回はランチメニュー(11:30~14:00)の時間に行きましたが、ティーメニュー(14:00~17:00)ではパンケーキ等デザート類が充実してきますし、ディナーメニュー(17:00~)には私も大好きなピザ等もあるので、また時間帯を変えて行ってみたいと思います。

※食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。
連絡先(文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 E-mail:kagseis@mext.go.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です