竹刀トレーニングでストレス発散!

kendo

photo by Sklathill

本日紹介するのは竹刀トレーニング、平たく言うと剣道でおなじみの「竹刀の素振り」です。

しかも室内トレーニング用として天井に当たらないよう普通の竹刀より短め、さらに筋トレになるよう重く作ってある優れモノ

「フリセンマグナム」

を使います。

これなら難しい事を考えずに出来て、効いている実感もしっかり感じられます。

竹刀の素振りは腕や肩の筋肉や握力強化に役立つのはもちろんのこと、振り上げ振り下ろす動作で大胸筋も広背筋も使うので厚い胸板もガッチリした背中まで手に入って上半身の筋肉がいっぺんに鍛えられて効率的。

武具って値段もそれなりに張りそうと思っていたけど数千円で買えるのも驚き。

竹刀なら壁の隅に立てておけば場所も取らなくて、「また邪魔になるもの買って本当に使うの~」とか家族から文句言われる事もなさそう。

さらに防犯グッズとしても効果あり。ウチの実家では護身用として、また外から見てこの家には剣道有段者がいるんじゃないかと思わせるために玄関の内側のすりガラス越しに竹刀を置いてあります。

あとは、空き時間を利用して振るべし!振るべし!

こうやってまず出来そうなところから始める事で、ちゃんとした握り方はどうするんだろう、素振りはどこまで振り下ろせばいいんだろう、とどんどん欲が出てきて。

次は剣士がやってる足運びとか飛び素振りとか、もっとうまくカッコよく素振りできる為のトレーニング方法等をいろいろ調べるようになり。

更にそれが高じて今度の休みに近くの剣道場に足を運んでみようかなとなるかもしれない。

その「欲」や「探究心」こそ、「モチベーション」そのものであり、部活や体育の授業があるわけでも無い中年が筋トレやスポーツを継続させるのに「モチベーション」が一番の原動力であり実は最も重要なんじゃないかと考えています。

太い腕を手に入れる!「フリセンマグナム」

[関連記事]
38歳の大人初心者にして剣道初体験!

[関連ページ]
どうせならちゃんとした素振りを身に着けてゆくゆくは剣道を始めたいという方の為に素振りのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です